幼稚園空手正課授業

幼稚園で空手指導(正課授業)を行なっています。
2020年から、札幌市北区屯田「太陽こころ幼稚園」さんで正課授業として、空手の指導を行なっております。
コロナの影響で指導開始が7月からと出遅れましたが月2回、幼稚園児のちびっこたちに空手を教えています。
幼稚園空手(正座)
4歳の年少さんから、5歳、6歳の年中、年長さんたち。
最初はちゃんと言うことを聞いてくれるか?空手の技がちゃんとわかってくれるか?
など不安ばかりですが、しっかりと先生の話を聞いてくれて、みんな真剣に取り組んでくれました。
まずは礼儀作法、挨拶、大きな声を出すこと。
そして、基本的な突き、蹴りを指導しています。
慣れてきたらミットを使って思いっきり体を動かします。
幼稚園空手(突き)
幼少期の子供達は本当に飲み込みが早く、月2回の指導なのにしっかりと内容を覚えてくれています。
空手を幼稚園正課授業で行うことで、礼儀、空手の基本が身についてくれたらいいなと思います。
そして何より元気な子に育ってくれるのが一番です。

幼稚園から空手を行うメリット

子どもの運動神経を伸ばすのにもっとも適した時期が「ゴールデンエイジ」と言われていますが、 幼少期の4歳〜8歳までは、「プレゴールデンエイジ」と言い、神経回路がもっとも発達する時期と言われています。
空手は手足を使う全身運動ですので、様々な動きを経験できます。
また、正座での挨拶、礼、大きな声での気合い、など礼儀礼節を重んじますので、心身の成長にもつながります。
幼稚園空手(礼)

●幼少期に空手をやるメリット
 ・体力向上
 ・心身鍛錬
 ・礼儀礼節
 ・武道を学ぶ

明空義塾札幌では、

・大きな声で挨拶、気合い
・気をつけと礼

この2点を重点的に指導していきます。

幼稚園空手!これだけの成長が!

幼稚園から空手を習うことで、これだけの成長がありました。

▼幼稚園空手 事例1(太陽こころ幼稚園児さん)
約8ヶ月ですごい成長!
7月から指導を行い実質8ヶ月で園児の成長はすごかったです。
突きや蹴りなどの技をちゃんと覚えているし、気をつけ、挨拶などのやり方もしっかり覚えています。
年度の終わりの最後の授業では、全員がビシッと技、気合いが決まり、まるで毎日練習しているかのようでした。
親がいない環境、子どもだけで考え空手を行うことで、集中力などが養われ素晴らしい成果が出ています。
幼稚園空手(起立)△太陽こころ幼稚園さん授業風景

▼幼稚園空手 事例2(明空義塾道場生)
幼稚園から空手を初めたちびっこが、中学生の全国大会の舞台で第5位の成績を残しました!
お姉ちゃん、お兄ちゃんに付いて来て、興味本位で始めた空手。
気がついたら空手が好きになり、自分から練習をするようになり、大会でも入賞するまでに。
親から言われるのではなく、自らが上手になりたい、大会で勝ちたいという意識が芽生え、中学生の全国大会ではなんと、団体戦全国第5位の成績!
幼稚園から一緒に空手を始めたお友達と仲良く入賞を果たすことができました。
全中空手5位入賞全国中学生空手道選手権大会 女子団体組手第5位入賞(コハル・ココロ・アヤ

幼少から始めることで、空手の技だけではなく、礼儀もしっかり身につけ、いまは道場生の模範、憧れの存在となっています。
小さい頃から、大会入賞、帯の昇格など、成功体験を積むことで何事にもチャレンジする精神、心の成長につながっています。
明空義塾札幌では、3歳から入会ができます。
キッズクラスがありますのでお子様のレベル、年齢に合わせた指導が可能です。

幼稚園空手 体験練習会開催中

体験練習会を随時開催しております。
月曜、水曜、木曜、金曜 週4回開催しています。
いつでも体験練習、見学、参加可能です。
詳細は体験練習会のページをご確認ください。

体験練習会実施中!
何度でも、納得がいくまで。
体験練習会詳細はこちら 
お電話:050-3184-2522

幼稚園指導承ります

明空義塾札幌では、幼稚園、保育園などの正課授業として空手を取り入れたい団体様へ、空手の指導スタッフを派遣いたします。
空手を授業に取り入れてみたいという園長様、ご担当者様おりましたら、お気軽にお問合せください。
当道場の指導員には、幼稚園教諭資格を取得しているスタッフがおります。
もともと子供が大好きな指導員ばかりですので、幼稚園授業の差別化、伝統文化を取り入れる、などご支援できるかと思います。
お気軽にご連絡ください。

▼幼稚園正課授業お問合せ
担当:南保(なんぽ)
連絡先:050-3184-2522

PAGE TOP